トップページ

    このサイトでは30歳までに結婚したい女性におすすめの婚活アプリをランキングで紹介しています。
    「女性だから30歳までに結婚したいけど、婚活アプリでおすすめなのはどれ?」ということが知りたい場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの婚活アプリを利用してみてください。

    結婚はしようと決めてもなかなか簡単にできるものではありませんからね。理想の相手と出会って、1~2年は付き合って、それからプロポーズされて婚約して、結婚の準備をして…とそれなりの時間がかかってしまいます。

    学生時代から付き合っている彼がいればまた違いますが、社会人になると仕事も忙しくなり、職場によっては出会いも少なくなってしまいますので、ちょっとしたすき間時間で利用できる婚活アプリでいい出会いを見つけるのがおすすめです。

    実際に利用したことがあれば分かると思いますが、20代の女性は結構モテますよ。どの人にしようか迷うくらいアプローチされます。
    婚活アプリで婚活している男性は20代後半から30代が多いので、将来的に結婚を考えられる男性と出会いやすいです。

    30歳までに結婚できれば、彼と二人の時間もある程度取れますし、子供ができてからは若いママでいられますからね。ぜひ理想のパートナーを見つけてくださいね。
    マッチ・ドットコム

     マッチドットコムは世界25か国で展開してる世界中で利用されている婚活アプリ。
    数ある中でも代表的な婚活アプリです。

    結婚を真剣に考えている男性が多く登録しているのもマッチドットコムが他とは違う点なので、「30歳までに結婚したい」と思って本気で婚活をするのであればおすすめです。
    利用者層としては30代の地に足着いた男性が多い印象なので、ライトな出会いを求めてくる会員が少ないのも女性として安心できるところ。

    無料の会員でも男性のリサーチをしたりプロフィールを見て写真の確認ができますよ。登録するのは無料なので好みの男性がいるのか確認してみてはどうでしょうか。






    ペアーズ

     ペアーズ(Pairs)はFacebookで始められる日本で最大規模の婚活アプリ。
    700万人という膨大な登録会員数がいるので、日本で一番有名な婚活サイト・婚活アプリといってもいいでしょう。

    ペアーズは毎日約4000人の新規登録があるので、「運命のパートナーと出会う確率が高い」という大きなメリットがあります。
    さらに「今まで5600万組ものマッチングを生み出している」ことでも有名。

    ユーザー層は20代~30代がメインで、30歳までに結婚したいと考えられるパートナーを探しているのであればおすすめです。「いいね」から始められる婚活なので気軽に始めることができますよ。

    ペアーズは女性なら、無料で使うことができるので登録して損はない婚活アプリの一つです。






    ゼクシィ縁結び

     ゼクシィ縁結びはあのゼクシィが始めた婚活アプリ。
    「30歳までには結婚を」と考えている女性で「ゼクシィって聞いたことがない…」という人はおそらくいないでしょう。その知名度の高さから安心して登録できるのがゼクシィ縁結びのおすすめポイント。

    ゼクシィという知名度の高い婚活アプリなので登録している会員もどんどん増えています。その上、ゼクシィと言えば結婚を想像させるので、軽い出会い目的で登録する男性会員は少ないです。

    ゼクシィ縁結びでは入会金、初期費用、成婚料がすべてが無料なので、無料の会員登録だけでもしておきましょう。






    ユーブライド

     ユーブライド(youbride)はあのミクシィが運営する人気婚活アプリ。
    10年以上の運営実績がある老舗の婚活アプリなので安心して使えます。「サクラ0宣言」を掲げて24時間365日運営スタッフがチェックしているというところも利用者側として安心できるところ。

    30代の会員が多く利用しているので、上記の婚活アプリと比べると真剣に婚活に取り組んでいるユーザーが多い印象です。
    ユーブライドは都心だけでなく地方在住のユーザーも多いので、「地方に住んでいるから余計に30歳までには結婚したい」という場合でも好みの男性と出会える可能性が高いです。

    また、無料会員のままでも有料会員からメッセージが届いた場合は返信することができますよ。ずっと無料で使っている女性も多いです。






    Omiai

     Omiai(オミアイ)はフェイスブックを利用した婚活アプリ。
    ペアーズと比べると若い世代が少な目なので、本気で婚活している会員が多いです。

    以前は30代以上の女性は有料だったのですが今は完全無料になり、フェイスブックのアカウントがなくても登録ができるようになりました。さらに女性が使いやすい婚活マッチングアプリにリニューアル。

    累計会員数も約300万人を突破している人気アプリなので、将来のことを考えられる相手が見つかります。
    婚活の本気度の高い会員が多いので、「今はまだ婚活の経験がないけど30歳までには結婚を考えられる相手を探したい」と考えている場合はおすすめの婚活アプリ。

    その上、フェイスブックの友達数の制限がないので、友達の数が10人以下でも即婚活スタートできますよ。







    最近流行の婚活に、座禅があることを聞いたことがありますか?この座禅の会というものは、朝早くに結婚を望む男女を対象に数人で読経したり座禅を組んで行う婚活のスタイルです。

    普段の生活から離れて、静謐な空間で自分と向き合い、精神を整えることが出来るイベントとして流行しているようです。

    何度も婚活を繰り返している場合、時には、婚活に疲れてしまう方がいると思います。

    長期間婚活を続けている方には、こうした「婚活疲れ」を感じる方が増えているようです。

    相手が決まらない焦りや苛立ち、そもそも、婚活に参加すること自体を、義務のように感じる状態が婚活疲れに繋がっているようです。

    こうした状態に悩まれている方は、焦って婚活をすすめても疲労感が増すばかりですので、少し婚活から離れてみましょう。

    実際に婚活をしている時に悩むものといえば交際をお断りする時です。

    不用意な断り方をしてしまっては、相手を怒らせるだけでなく、トラブルになって婚活をすすめられなくなったり、精神的ストレスを抱えて婚活どころではなくなってしまう場合もあります。

    そうならない為にも、実際にお断りする場合は、相手の気持ちを良く考えて、相手の悪いところを理由にするのではなく、自分に非があるために付き合うことが出来ないと言って断るのがおススメです。

    基本的には向こうに問題があると言わないようにしてくださいね。

    穏便にお別れをして、次の出会いまで引きずらないようにしましょう。

    多くの方が結婚相談所を利用されていますが、登録してもなかなか結婚できないのは有り得ないことではありません。

    中でも規模の大きい相談所を利用している場合は、出会える異性の数も多いですから、条件に見合う相手も複数いたりしますし、さらに条件の良い相手がまだまだいるかもしれないと思えば成婚の手前で踏みとどまってしまう人もいるのです。

    あれやこれやと迷いがちな方は、敢えて即決即断に切り替えてみるのもいいですね。

    結婚相談所から紹介を受けた相手とお見合いや交際に漕ぎ着けるのは、決して少なくありません。

    結婚相談所は有料ということもあって、当然、異性のほうも本気で結婚相手を探していますし、恋愛感情よりも結婚相手としての堅実さを求めるので、恋愛結婚と比較しても結婚に向けた話は順調に進むことが多いです。

    ですので、割り切って結婚を求めている人は、思い切って結婚相談所を利用してみるといいでしょう。

    結婚情報サービスは今や枚挙にいとまがありませんが、実際に利用するサイトを選ぶにあたっては何を重視するべきなのでしょうか。

    人によって向き不向きの相性はありますが、多くの人が利用している婚活サイトには多くの人に評価されるだけの理由があるはずです。

    それは何かというと、何より会員数の多さでしょう。

    結婚する相手は一人だけですが、そこに至るまでの候補は何人、何十人といた方がいいでしょう。

    恋愛に関心があるのなら、いつどんな時に理想の人との出会いがあっても心配ないように、内面やルックスなど、積極的に自己改革をして出会いに備えるべきでしょう。

    「昔の恋人とどうしても復縁したい」と昔の恋を引きずるよりも、新しい恋に目を向けませんか。あなたの生涯における最良の人は、現時点で縁がないだけで、他の場所にいると考えて間違いありません。

    昔の恋人のことを何年も好きでい続けても、復縁する可能性はほぼゼロです。別のところで好みの人があなたを胸を焦がして待っているのですから、未練を断ち切りましょう。

    女性が彼氏を見つけるために出会い系サイトを使って男性と会うという約束をするような場合は、初回は必ずまわりに多くの人がいる場所で明るいうちに会うようにしましょう。1度目から人気のない場所で会うのは軽率です。

    失恋してがっかりし、その後立ち直った時に女はひときわきれいになることができるはずです。復縁を迫ったりせず、新しい恋を手に入れるべく自身の魅力をアップしましょう。